DTM環境の構築手順を徹底解説! まずは目的に合わせてDAWを選ぼう!

 

どうもRooveです!

 

当サイトでは音楽好きの方がDTMを始めるきっかけとなるように、無料で使えるスマートフォン用のDAWアプリの解説を長らく続けてきました。

ありがたいことに、当サイトをご覧いただいて音楽を始めた方もいらっしゃるようで、少なからず皆さんのお役に立てていることを実感し、感激しております。

 

さて、お手持ちのスマホで作曲に取り組むなかで、中にはスマホDAWだけでは物足りず、そろそろPCで本格的にDTMに挑戦してみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はスマホによるDTMから一歩踏み出して、PCによるDTMについて触れていきたいと思います。もちろん、当サイトの読者ではなく、たまたまこのページにたどり着いた方も大歓迎です!

一緒に、新しい環境で音楽制作を始める準備をしていきましょう!

 

 

DTM環境の構築には悩ましい選択肢がたくさん!

 

DTM環境を構築するうえでは、頭を悩ませるほど多くの選択肢が発生します。

特に、初めてPCでのDTM環境を構築しようとしている方は、DAWとPCスペックの選択で右往左往することになるでしょう。なぜならこの世には、優れたDAWや優れたマシンがたくさん存在しているからです。

どれが自分に合っているのかわからないけど、失敗したくないから何度も何度も同じことを悩み続けてしまう。DTMの最初の難関と言っても差し支えないと思います。

 

例えばPCについて言えば、WindowsなのかMacなのか。

Macなのであれば、iMacなのかMacbookなのか。OSの違いやマシンの違いだけでも選択肢は幅広いわけです。

 

DAWソフトの選択も同様で、とにかく種類が多すぎる。

どれも本当に優れていて本格的なので、一体どうやって選べばいいのよ、と溜め息が漏れそうになります。

 

なかには、すでに家庭用のPCを持っているので、DAWソフトさえ買ってしまえば環境は整うと思い込んでしまう方もいらっしゃいますが、残念ながらそれは早計です。DTMにはそれなりのマシンスペックが必要になるため、家庭用のPCに本格的なDAWを導入しても、スペックが足らずエラーばかり発生してしまう恐れがあります。

本格的に音楽を始めるためには、DAWとPCをベストな形でマッチングさせなければなりません。この大量の選択肢の中から最適な組み合わせを見つけようと思うと、気が遠くなりそうですよね。

 

 

まずはDAWソフトから選ぼう!

 

僕のオススメは、PCよりもまずDAWソフトを決めてしまうことです。

DAWソフトにはそれぞれタイプがあり、得意分野が微妙に異なってきます。ご自身のやりたい音楽ジャンルを得意とするDAWを選ぶのがベストです。

また音楽ジャンルだけでなく、交友関係や各ソフトのユーザー占有率などをDAW選択の決め手とするケースもあります。

自分がDTMで何をやりたいのかを明確にすること、また、どんな仲間たちとどんな音楽を作っていくのかを改めて見つめ直すことで、その目的に合ったDAWに焦点が当たり、自然と選択肢は削られていくのです。

DAWによっては使用できるマシンOSが決まっているものもあるので、マシンよりも先にDAWを決めてしまえば、PC購入時の選択肢もある程度絞ることができます。

 

DAWを選ぶ際にはそれぞれの特徴を把握することが重要になってきます。

9種類のDAWの特徴を解説した記事がございますので、お時間がある方はそちらをご覧ください!

 

 

この記事では、どんな人にどのDAWが向いているのかをサクッと簡単に解説していきますので、時間のない方はこのままこの記事を読み進めていってくださいね!

 

作りたい音楽ジャンルが決まっている人はこちら!

 

音楽ジャンルの好みは十人十色。「このジャンルを突き詰めて成功するんだ!」という熱い想いを胸に秘めている方もいらっしゃることでしょう。

簡単に、各ジャンルに向いているDAWソフトを紹介していきます。

 

・Electroミュージック

割とどれでもいけちゃいますが、CubaseLogic Proは初期搭載されている音源がErectroに傾倒しているうえに優秀な音質です。歴史も長いので安心感もあります。

EDMを製作する場合は、Ableton LIVEもオススメです。エフェクトが豊富で出来ることが多いのと、感覚的な操作で曲が作れてしまうことが人気で、世のトップDJたちにも愛用者が多いDAWです。

また、EDM界隈で人気があるDAWの一つにFL studioがあります。このDAWはループシーケンサーに近しいタイプで、数小節のビートを繰り返して楽曲を作り上げることに長けています。ビートメイキングが得意なDAWなので、Hip Hopジャンルの制作にも向いています。

 

・バンドミュージック

バンドミュージックは楽器を使うことが前提であり、レコーディングを絡めて楽曲制作をすることが求められます。レコーディングに関して強力なのは、有名どころで言えばPro Toolsです。

Pro Toolsは波形編集がとにかく得意で、これは他のDAWにはない能力です。歴史も長く、レコーディングスタジオでは必ずと言っていいほど導入されています。

また、最近ではAbilityも人気です。このDAWが素晴らしいのは初期搭載されている音源の豊富さ。

Pro版では、電子系と生音系の両方に強い音源メーカーとして有名なNative Instruments社の総合音源バンドルKompleteのLE版や、今や最強の生音系ドラム音源と称されるようになったBFDのLE版をバンドル。生音系が打ち込みで作れちゃうことが大きな特徴で、いま勢力を急激に伸ばしているDAWです。レコーディングもちゃんと対応できる優れものですよ。

KompleteやBFDは、今やあらゆるアーティストが楽曲に採用しています。そういった一流の音源が追加費用なしで使えるというのは、DAW選択においては大きな決め手となり得ますね!

 

ボーカロイドを使って楽曲制作をしたい方はこちら!

 

ニコニコ動画などでボーカロイド曲を投稿する活動をしていきたい方は、Cubaseを使っておけば間違いありません。なぜなら、ボーカロイド音源を発売しているヤマハが、公式に親和性があると発表しているのがCubaseだからです。

また、先にも挙げたAbilityも、公式サイトにてボーカロイドに強いことを自らアピールしていますので、選択肢に入れておくのも良いでしょう。

 

とにかくコストを抑えてDAW購入をしたい方はこちら!

 

PC購入のことを考えたら、DAWはなるべく安いものにしたいと思う方もいらっしゃいますよね。安心してください。ちゃんと本格的でありながら格安のDAWも存在しています!

まずはLogic Pro。Mac専用になりますが、購入価格は24,000円です。他のDAWでは50,000円を超えてくるものが多いのに対して、この金額はまさに破格と言えます。

 

また、PC用DAWにも無料のものが存在しているので、最初のうちはそちらを利用してみるのも良いと思っています。

無料DAWの代表格といえば、やはりCakewalkでしょう。かつてはSONARという名前で人気を博していたDAWですが、ギターで有名なGibson社の経営破綻の煽りを受け、販売停止してしまった過去があります。

現在はBandLab社がCakewalk社を買収し、SONARをリニューアルしてCakewalkと名付けました。SONARと同等の操作性を持ち合わせながら、すべての機能を無料で解放してくれている超絶優良DAWソフトです。

無料版がリリースされているDAWは他にもRoland社のZenbeatsやCockos社のReaperなどがありますが、一部の機能を解放するために有料版を購入しなければなりません。Cakewalkであればそういう心配は一切不要なので、予算のほとんどをPCに注ぎ込みたい方にはおすすめの選択肢です。

 

すでにスマホDAWを使用している方はこちら!

 

当サイトの読者の方はまさにここに該当してくるかと思います。

すでにスマホDAWを使用している方は、そのDAWのPC版や、上位版にあたるDAWを購入してしまえば、慣れ親しんだ機能で楽曲制作にスタートダッシュをかけることができます。

 

iPhoneにてGarageBandを使用しているのであれば、Macを入手してPC版GarageBandを使うのも良いでしょうし、その上位版であるLogic Proを購入するのも良いでしょう。

また、AndroidのZenbeatsも、GarageBand同様PC版が存在しています。Zenbeatsは有料機能を解放させればとても強力なDAWに生まれ変わるので、選択肢の一つに含めても良いと思います。

Zenbeatsは上位版と呼べるものの一つに、メーカーは違いますがFL studioが挙げられます。DAWの操作性がとても似ているのです。

FL studioはブランド性が高いDAWだし、愛用しているトラックメイカーも多いので十分にお勧めすることができます。

 

サウンドクリエイティブチームで活動する方はこちら!

 

仲間たちとチームを作って楽曲制作を行う方や、すでにあるチームに加入して活動を始める方は、チームに合わせてDAWを統一するのが良いとされています。

なぜなら、DAW毎に楽曲保存時の拡張子が異なるので、チーム内でDAWの種類が変わってしまうとデータのやり取りが円滑に行えないからです。

すべてのDAWで共通してインポートすることができるのは、mp3やWAVなどのオーディオファイルか、MIDIデータだけです。つまり、別の種類のDAWへ楽曲データを送ろうものなら、楽曲を構成するトラック一つ一つを全て適切なデータで書き出してから送らなければならない、ということになります。

ただ、これが同じDAW同士であれば、楽曲をまとめているセッションファイル1つだけを送ればデータの共有ができてしまいます。チームとして活動するのであればこの手法を取るのがベストですよね!

 

次回予告:DAWが決まれば、それに合わせてPCを選ぼう!

 

自分の右腕となるDAWを決定したら、次はPCを選んでいきます!

PCはOSとスペックに注目して選んでいくことになります。その判断基準を早速お伝えしていきたいところですが、長くなってしまうのでそれはまた次回といたしましょう。

どうか楽しみに待っていてくださいね!

それでは今回はこの辺で!

 

 

次回の記事はこちら!

 

 

Takeshi Roove制作楽曲をSoundCloud、YouTubeにて公開中!
リンクはこちら↓

SoundCloud

 

YouTube
https://m.youtube.com/channel/UCn3F5jPuIYABhaUrxsJIxkw

気に入っていただけたら高評価 & チャンネル登録を是非よろしくお願いします!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG