わかりやすい音楽理論解説! – ドレミファソラシドの基本 CとかFってなに?

 

皆さんどうも、Rooveです!

 

今回はこれまでとは少し毛色を変えて、音楽理論の話をしていきたいと思います。

楽曲を作るにあたって、セオリーを意識しながら制作することは本当に大切です。しかし困ったことに、音楽理論ってちょっと読んだだけではなかなか理解には到達しないんですよね。

おそらくこの記事を読まれている方の中には、過去に音楽理論書を手にとってみて、ちんぷんかんぷんすぎてそっと本を閉じた経験のある方も多いのではないでしょうか。だからこそこの記事にたどり着いたのではないかなと思います。

 

理論でガチガチに固められた音楽なんてつまらないに決まってる!

 

かつての僕もこんなことを思っていて、音楽理論の勉強は敬遠してきました。もちろん、理論で固められた楽曲が面白みに欠けてしまう事は確かです。ですが、僕が理論を学ばなかった本当の理由はそういう反骨精神から来たものではなくて、実は理論書を読んでもちんぷんかんぷんで一切頭に入ってこなかったので、「理論なんて身につけなくても感覚でどうとでもなるわ!」と自分に言い聞かせて曲を作ってきたのです。

幸か不幸か、音楽理論を身につけなくともそれとなく楽曲は作れてしまいましたし、音楽の仕事もいくつかの案件には携わっていたので、理論なんて必要ねーじゃんっていう考えにまで到達しておりました。

曲の整合性がきちんと取れているかは別として、DAWさえ扱えればひとまず形にはなるので、気持ちはもう立派なミュージシャンなわけです。

 

しかし、本格的に音楽の仕事に力を入れるようになり、プロのミュージシャンの方と接点を取るようになってから、音楽理論が本当に大切であることを思い知ります。

どんなにサウンドメイクが上手くたって、理論から大幅に外れた楽曲構成になっているとやはり人の耳には受け入れ難いのです。

逆に、サウンドメイクが微妙でもある程度理論に沿っていれば人は聴いていても苦しくない。そして悲しきかな、サウンドメイクはアレンジャーやミキシングエンジニアに頼んでしまえばどうとでもなってしまうこともまた事実。

次第に作ったデモを提出しても、「曲として成立していないよね、これ」といった厳しい一言と一緒に不採用とされてしまうこともあり、このままではマズイぞ…とやっと危機感が芽生えてきたわけです。

 

今ではプロの方ともお仕事をさせていただけるようになり、日々たくさんのご指摘をいただくようになりました。音楽理論の勉強の大切さをこれでもかってくらい思い知らされています。アドバイスをいただく度に「まだまだだなぁ…」と反省することも多いです。

僕の中にも、『ミュージシャンを名乗る以上は音楽理論はしっかり学ばなければならない』という使命感が生まれ、現在は少しでも時間があれば音楽理論の勉強をするようにしております。

 

 

さて、僕の場合は必要に駆られて音楽理論をしっかり学ばざるを得なくなってしまったわけですが、そこまで追い詰められるとやはりちゃんと頭に入ってきます。何事もマインドが大切であるということをまさに体感しました。笑

そして、実際に理解できるようになってくると、「なるほどね、こう覚えたらよかったのか!」と思えることがいくつもありました。

なので今回は、僕がインプットした知識をアウトプットする意味も込めて、とっつきにくい音楽理論を皆様にわかりやすく解説していきたいと思います。音楽理論解説連載スタートです!!

 

まずは基本! ドレミファソラシドについて

 

ミュージシャン同士で話していてほぼ必ずと言っていいほど話題に上がるのは、「この曲のキーなに?」「ここのコードなに?」といったような話です。

 

キーとかコードと聞いて、はいはい出た出た早速わかんねぇよって思う方もいらっしゃるかと思います。何を隠そう僕もこのキー、コードは苦手でした。以前は自分の感覚だけを頼りに楽曲を作ってきたので、キーやコードを訊かれても答えられなかったわけです。

過去にピアノを習った経験のある方であればこの辺りはさほど難しくないかもしれません。ただ、僕のような楽器を習った経験もなく、理論の勉強もしてこなかった人間にはもうすでに難解な専門知識ですよね。

おそらくですが、キーやコードが理解できない方の多くは、このようなことを思っているのではないでしょうか?

 

『CとかFとか言われても、それが何の音を指しているのかわからない!

 

どうでしょう、当たりではないですか?

CメジャーとかFマイナーとか言われても、そのCとFがわからなければどのコードがどんな音を指しているのかわからないのは当然のことと言えます。

なので今回は、今後皆さんがコード理論を学ぶ際に頭に入ってきやすいように、CやFなどのドレミ記号について学んでいきましょう。

 

音楽を学ぶにあたって、まず最初に学ぶのは『ドレミファソラシド』という音階です。この基本的な音階は小学校の義務教育でも必ず教えられており、音楽にこれっぽっちの興味もない方でも知っています。

日本でも馴染みの深いこの『ドレミファソラシド』は、実はイタリア表記であるということは皆さんご存知でしたか?

日本語だと思っちゃいますよね。なにせ小さい頃から習ってきたわけですから。

 

ちなみに、日本の楽典ではドレミファソラシドのことを「ハニホヘトイロハ」と表記したりします。よくクラシックなどでハ長調とか言いますが、これはの音を基軸としたメジャースケールで楽曲が構成されていることを意味しています。(スケールについてはまたいずれ解説しますね!)

要するに、ドの音は日本表記ではと言うので、ハ長調、みたいな言葉が生まれているわけです。

 

さて、コードの表記に密接に関わってくるのは、このドレミファソラシドを英語で表記したものです。英語では、ドレミファソラシドを『CDEFGABC』と書きます。

この時点で、数学の順列やパズルのような謎解きが得意な方であれば気づいているかもしれません。気づかない方はもう暗号でも見せられているような気分でしょう。(安心してください。僕も最初は暗号だと思っていました!笑)

 

実はこの表記はある一定のルールで進んでいます
そう、いわゆる「あいうえお順」です。

 

日本ではかつて、「あいうえお かきくけこ」のような仮名の順番法として、いろは順というものを使っていました。「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ」ってやつです。和歌が人々の生活と密接に関わっていた時代に、日本語における仮名の47音全てを重複させずに使いながら、美しい情景描写を七五調で歌った秀逸な和歌です。

 

話を戻しますが、日本語におけるドレミファソラシドは「ハニホヘトイロハ」でしたね。

これ、いろはにほへとの頭二つを後ろにくっつけたものであることがわかりますでしょうか?

 

英語表記でも見ていきましょう。英語におけるアルファベットの順番法はABC順です。これもよく英語の授業で歌いましたね。ABCDEFG HIJKLMNと続いていきます。

ここでもまさしく同じことで、ABCDEFGの頭二つを後ろにくっつけているわけです。CDEFGABCというようにドレミファソラシドが続いていきます

これさえ覚えてしまえば、CとかFとか急に言われても、なるほどドね、ファね、と答えられるようになります。

 

さぁ、するとここで一つの疑問が浮かびますね。
なんで最初の2文字は後ろに回してるの、と。

まるでパイセンとギロッポンにチャンネーをパナンしに行くみたいじゃないですか。

普通にイロハニホヘトイでいいじゃん、ABCDEFGAでいいじゃんと思いますよね。

 

その答えとしては、「昔はそうだった」というものに尽きます。

今でこそドレミファソラシドのハ長調が最も一般的ですが、昔はラシドレミファソラのイ短調が一般的だったのです。なので、ラから順番にいろは順やABC順を当てていたわけです。

ですが、イ短調はマイナースケールで暗い印象の音であるのに対し、使っている音は全く一緒なのに、ドから始めればなぜか響きが明るくなることが後からわかりました。(このイ短調とハ長調の関係は平行調と言います)

イ短調は次第にハ長調に主役の座を奪われてしまったわけです。

 

とはいえ、それぞれの音に与えられている記号を改めてつけ直すまでにはいきませんでした。なぜなら、みんなそれで慣れちゃってたから。じゃあもう並び順を変えるだけでいいよねってことで落ち着いた、というのが真相です。

背景まで覚えておくと、より一層英語のドレミ記号であるCDEFGABCについても頭に入りやすくなりますので、ぜひ覚えてしまってくださいね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

いきなりGって何の音か聞かれても慌てふためく必要はないのです。元を正せば誰もが知っているアルファベット順なのですから。

これを覚えておくと、自然とコードの仕組みについても興味が湧いてくるようになりますし、今後の音楽理論の学習においても、知識の吸収速度が大幅に変わってきます。

音楽理論の記事については今後も連載形式で書き起こしていきます。僕もインプットした知識を皆様にアウトプットしていくことで、僕自身の知識の定着化を図りたいので。もともと音楽理論が全くわからなかった僕が、どのような覚え方で知識を身につけていったのか、皆様にもわかりやすく解説できるように尽力いたします。

 

それでは、次回の音楽理論解説もお楽しみに!!

 

 

わかりやすい音楽理論解説!
記事一覧はこちらからどうぞ!

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG