わかりやすい音楽理論解説! – スケールの基本 メジャースケールってなに?

 

どうもRooveです!

 

音楽理論解説の第2回は、スケールについてお伝えしていきます。スケールはコードを覚えるにあたりとても重要になってきますので、ここでしっかり理解していきましょう!

もし、前回の解説記事をご覧になっていない方は、ぜひ先にご一読ください! 前回の内容を理解したうえで今回の解説を読んでいけば、理解がグッと早くなります!!

 

さて、今回はもっとも基本的なスケールであるメジャースケールについて触れていきますが、まず手始めにスケールとは何なのかを解説いたします。

 

実はスケールは、皆さんも一度は聞いたことがあるあの音がまさに代表格だったりします。

そう、前回も取り上げた「ドレミファソラシド」です。あれがまさにスケールです。

 

…いやいや、つまりどういうことよ。そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

厳密に言えば、一定の規則に従って音が連続したものをスケール(音階)と言います

あまり音楽に馴染みのない方や、音楽理論をこれまで学ぶ機会がなかった方だとおそらく、ドレミファソラシドは「ピアノの白鍵のみを使った音階」とか、「シャープやフラットが一切つかない音階」である、という認識ではないでしょうか?

実はその認識は、間違いではないのですが少し足りません。

 

まずはドレミファソラシドがどういう構成になっているかを見てみましょう。

音階を考えるにあたって、重要になるのは音と音の距離です。

 

スケールを学ぶにあたって大切なのは半音と全音

 

下の鍵盤を見てみてください。

ピアノ鍵盤はこういう配置。白鍵にC○と表記されているところが「ド」の音。

 

ご覧の通り、鍵盤には白鍵黒鍵があります。白鍵にはドレミファソラシドが、黒鍵にはそれぞれのシャープ(半音上)、あるいはフラット(半音下)の音が敷かれています。

音楽を勉強し始めたとき、白鍵だけならまだしも、黒鍵が出てくると一気にややこしく感じてしまうはずです。なので、ひとまず白鍵とか黒鍵とかは一切考えないでください。

可能な方は頭の中で黒色に映るものを白色に変換してみましょう。(黒が好きな方は白を黒に変えてくださいね!笑)

 

スケールを考えるにあたって、重要になるのは次の二つの考え方。

それは、半音全音です。

 

ある音から見て、一つ隣の音を半音と言います。例えば、ドに対してド♯がそうです。

そして、ある音から見て、二つ隣の音を全音と言います。半音二つ分の距離が全音ということです。ドに対してレがそうですね。

 

白鍵と黒鍵をすべて含めて、一つ隣の音が半音、二つ隣の音が全音。

 

こう聞くと、「なるほどなるほど、つまり黒鍵が半音で白鍵が全音なんでしょ」と早合点してしまいがちですが、それは大きな間違いなのでここで正しく理解しておきましょう。

白鍵について見ると、ミとファの間、シとドの間には黒鍵は存在していません。ミとファ、シとドは完全に隣り合った音であるわけです。つまり半音です。

 

では、黒鍵のド♯から見て、レ♯はどうでしょうか?

この二つの音の間には、白鍵のレが存在しています、つまり、ド♯から見たレ♯は二つ隣の音であるわけです。そう、全音です。

 

何が言いたいかというと、白鍵と黒鍵を含めたすべての音は、その音が半音となるのか、それとも全音となるのかは、基準となる音によって大きく変わってくるということです。

白鍵が半音となるときもあれば、黒鍵が全音となるときもあるのです。実際にどちらになるのかは、基準となる音がどの音になるのかによって初めて決まってくるわけです。

 

メジャースケールとは?

 

ここまで、半音と全音についてお伝えしました。それではいよいよ、メジャースケールについて学んでいきましょう!

 

メジャースケールは別称として、長音階と呼ばれることがあります。このスケールは明るい響きが特徴で、音楽において主要な音階とされるためメジャースケールと呼ばれるようになりました。

そして、このメジャースケールの代表格がまさに、前回から何度も登場している「ドレミファソラシド」なのです。

 

「ドレミファソラシド」は、Cメジャースケールと呼ばれております。

なぜそう呼ばれているかは、察しの良い方であればもう理解に至っているかもしれませんね。

「ド」の音は、英語では何と表記されていましたか?

…そうです、答えは「C」でしたね!

つまり、ド(C)の音から始まっているメジャースケールなのでCメジャースケールと呼ばれているわけです。

このCメジャースケールに基づいて構成された楽曲をハ長調と呼びます。ハはドの音の日本表記ですね!

どうでしょう、学んできたことがどんどんリンクしていくのが実感できるのではないでしょうか?

 

さて、それではこのCメジャースケールの構成を見ていきましょう。ドレミファソラシドはこのような距離感になっています。

 

ドレミファソラシドは、このような距離感の音階となっている。

 

ドレミファソラシドは、ミとファ、シとドは半音、それ以外はすべて全音の距離で隣り合うことで構成されています。ドを基準として、全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音というように音が進んでいるのです。

ズバリこの「全全半全全全半」という進行の音階がメジャースケール(長音階)ということになります。要は、この形さえ保っていれば全てメジャースケールです。

ドレミファソラシドは、Cからスタートし、全全半全全全半と推移していく音階なのでCメジャースケールと呼ばれているわけですね。

実際に弾いてみるとこんな感じです。

 

Cメジャースケールの音色

 

どうでしょう、聴き慣れた音色ですよね。「そうそう、ドレミファソラシドってこんな感じ!」といった印象ではないでしょうか。

 

 

では今度は、全く同じ形でレの音から始めてみましょう。

 

レの音を基準としたメジャースケールはこの通り。

 

同じように全全半全全全半の法則に沿って進んでいくと、白鍵だけではなく黒鍵も含まれるようになってきましたね。

ここでは、レ(D)の音を基準として長音階を奏でているので、Dメジャースケールと呼ばれております。このDメジャースケールに沿って構成された楽曲はニ長調と呼ばれているわけです。

 

では、Dメジャースケールの響きを聴いてみましょう。

 

Dメジャースケールの音色はこんな感じ

 

いかがでしょう、ドレミファソラシドっぽいと感じませんか?

この聴き慣れた響きが、まさにメジャースケール最大の特徴というわけですね。

どうでしょうか。メジャースケールってそんなに難しいものでもないでしょう?

「全全半全全全半」の規則さえ覚えてしまえば、誰でも簡単にどの音のメジャースケールなのかを特定することができちゃうんです。

このスケールがわかれば、のちに学ぶコードの理解もぐんぐんと早くなりますので、ここで確実に理解しちゃいましょう!

次回はマイナースケールについて解説していきます。お楽しみに!!

それでは!!

 

 

わかりやすい音楽理論解説!
記事一覧はこちらからどうぞ!

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG