わかりやすい音楽理論解説! – スケールの基本 マイナースケールってなに?

 

どうもRooveです! 

 

今回はスケール解説の第2弾、マイナースケールの覚え方のお話です。

このマイナースケールも基本中の基本となりますので、ぜひここでマスターしてしまいましょう。

今回の解説は、前回のメジャースケール解説の際に併せてお話ししていた音と音の距離、半音全音の考え方が理解できている前提で話を進めていきます。

半音と全音の理解にあまり自信のない方は、前回の記事から読み進めていただくことを推奨いたします。どうかご理解ください。

 

 

それでは早速、マイナースケール(短音階)についてお話ししていきましょう!

マイナースケールはメジャースケールと違い、やや暗い印象の響きがする音階です。メジャースケールが音階の主役として使われるようになってから、この悲しい響きの音階はマイナースケールと呼ばれるようになりました。マイナースケールを使って構成された楽曲を『短調』といい、長調とは明確な差別化がされております。

 

そんなマイナースケールの代表格をご紹介します。私の知る限り、最もわかりやすいマイナースケールはラ(A)の音を基準としたAマイナースケールです。が基準ということは、この音階を使った楽曲はイ短調ということになりますね。

なぜAマイナースケールが最もわかりやすいかというと、Cメジャースケールであるドレミファソラシドを、ラから始めただけだからです。

ラシドレミファソラ』がAマイナースケールであるわけですね。

 

このCメジャーとAマイナーのように、構成音は全く同じであるのに、スタートする音が変わるだけで長調にも短調にもなりうる音階平行調といいます。

平行調はのちに転調を覚える際にも重要な考え方になりますので、ここで覚えておきましょうね!

 

話をマイナースケールに戻しましょう。

メジャースケールの時と同じように、Aマイナースケールの構成を図解で見ていきます。今回も同様に音と音の距離のパターンを理解してしまえば、マイナースケールを簡単にマスターできます。

 

マイナースケールの構成はご覧の通り

 

ラから順番に、全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音の順に音が推移していったものがAマイナースケールです。この『全半全全半全全』がマイナースケールの構成である、と言い換えることもできます。

 

それでは、このAマイナースケールの響きを聴いてみましょう。

 

Aマイナースケールはこんな悲しい印象の響きをしている。

 

いかがでしょうか。とても物悲しい響きですよね。この独特の哀愁感が漂う旋律がマイナースケールの特徴です。

 

それでは、この『全半全全半全全』の法則を他の音から始めて確認していきましょう。次はラではなく、シの音から始めてみます。

 

シの音から始めたマイナースケールの構成はこの通り

 

これはシ(B)の音から始まる短音階なので、Bマイナースケールといいます。Bマイナースケールで構成された楽曲はロ短調ということになります。ここまで来ると覚え方のコツは完璧でしょうか!

 

それでは、このBマイナースケールの音を実際に聴いてみましょう!

 

Bマイナースケールの響きはこんな感じ!

 

Aマイナースケールと同じく、やはり物悲しい響きが広がっていきます。どの音から始めても、『全半全全半全全』の法則で進めばマイナースケールは作れることがわかりましたね!

 

いかがでしたか?

2回に渡って、メジャースケールとマイナースケールについて解説いたしましたがご理解いただけたでしょうか。念のため、ここでもう一度整理していきます。

 

・スケールを考えるにあたって大切なのは音と音の距離。ある音から見て、一つ隣の音が半音、二つ隣の音(半音2つ分の距離)が全音。

・メジャースケール(長音階)は、ある音から始まり、『全全半全全全半』というように推移していったものであり、一番最初の音の記号をそのスケール名に冠する。(例:ドから始めればCメジャースケール)

・マイナースケール(短音階)は、ある音から始まり、『全半全全半全全』というように推移していったものであり、一番最初の音の記号をそのスケール名に冠する。(例:ラから始めればAマイナースケール)

 

長々と解説をしてきましたが、上記3点さえ覚えてしまえばもうメジャースケール、マイナースケールはマスターしたようなものです!

スケールの考え方を覚えておくと、次回から数回に渡って取り上げていくコード(和音)を学ぶ際に理解がぐっと早くなりますので、ここでしっかり知識としてインプットしておきましょう!

 

それでは、また次回の音楽理論解説をお楽しみに!!

 

 

わかりやすい音楽理論解説!
記事一覧はこちらからどうぞ!

 

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG