わかりやすい音楽理論解説! – メジャー・ダイアトニックコード

 

どうもRooveです!

音楽理論解説もこれで5回目になりました! 今回から本格的にコード理論に触れていきたいと思いますので、ぜひ覚えて活用してみてくださいね!

 

さて、今回お伝えしたいのは、コードの中でも基本とされているダイアトニックコードについてです。このコードのことをお伝えする前に、まずはダイアトニックスケールについてご説明しなければなりません。

 

コードに入る前に、まずはダイアトニックスケールを知ろう

 

ダイアトニックスケールとは、ダブル・トニックスケールが言い崩されたものです。

ではダブル・トニックとは何なのか?

その答えをお伝えするには、音楽の歴史を少しお話しする必要があります。

 

皆さんがこれまで学んできたスケールは7音で構成されております。例えばCメジャースケールは、ドレミファソラシまでが1つのスケールで、その後またドに戻るので「ドレミファソラシド」となるわけです。

ですが、まだ楽譜というものが存在しなかった時代、もっと言えば鍵盤も存在していなかった時代に遡ると、人々は4弦の楽器で演奏をしていました。ギターのようにフレッドは存在していなかったので、4音が鳴るだけの楽器です。そのため、当時の人々は4つの音で一つの音階として扱っていたのです。

この4音の音階はテトラコルドと言います。

さて、先ほどの問いの答えを先に申し上げると、ダブル・トニックとはこのテトラコルドが2つ合わさったものを指しています。

例えば、「ドレミファ」と演奏するテトラコルドがあったとしましょう。

皆さんが知ってる7音のスケールでは、この「ドレミファ」を使用するスケールはいくつか種類があります。わかりやすいもので言えば下の2つでしょうか。

 

・Cメジャースケール(ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド)

・Fメジャースケール(ファ、ソ、ラ、ラ♯、ド、レ、ミ、ファ)

 

要するに、テトラコルドが1つあるだけでは、そのスケールが何なのかを特定することができないのです。なので、テトラコルド2つ分(ダブル・トニック)で一つのスケールとしたわけですね。

回りくどい説明を抜きにするならば、ダイアトニックスケールとはメジャースケールやマイナースケールとなどの、自然に響く7つの音で構成されているスケールのことを指します

定義上、ダイアトニックスケールは7種類存在しておりますが、ひとまずはメジャースケールマイナースケールだけ先に覚えてしまってください。その他のスケールについてはいずれ解説いたします。

また、7種類以外にもスケールは存在しており、それらはノンダイアトニックスケールと呼ばれています。こちらも現時点で解説することはいたしませんが、存在だけでも頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。

 

やっと本題! ダイアトニックコードとは?

 

さて、やっと本題に戻ってこれました!

ダイアトニックコードとは何なのか、という話でしたね。ここまで来るともう皆さんもお察しいただけているかもしれません。

ダイアトニックコードとは、ダイアトニックスケールを使用して作られているコード(和音)のことを指しています。

今回は、ダイアトニックスケールの中でも特に単純でわかりやすいCメジャースケールでコードの解説をしていきましょう。

 

一般的なCメジャーダイアトニックコード

 

上の画像をご覧ください。ピアノロールに、Cメジャースケールを使ったCメジャー・ダイアトニックコードを打ち込んでみました。まずは3つの音で和音を作るトライアード(三和音)から見ていきましょう。

見てみると、あることに気づきませんか?

実はこれ、スケール内の音が1個飛ばしで重ねられているのです。

 

例えば、画像中の一番左にあるコードは、ド、ミ、ソを重ねた三和音です。度数で言うと、完全1度と長3度、完全5度が重ねられていて、長2度と完全4度はありません。

続く左から2つ目のコードを見てみると、レ(長2度)、ファ(完全4度)、ラ(長6度)で成り立っています。ここでもやはり1個飛ばしです。

つまり、ダイアトニックコードとは、ルート音(根音:そのコードの一番元となる音で基本的には一番低い音。一部例外あり)から順に、そのスケールの音程を一つ飛ばしで重ねることで成り立っている、ということです。

 

それでは実際に聴いてみましょう。

 

3和音のCメジャーダイアトニックコードの響き

 

明るくて綺麗な和音ですが、どことなくドレミファソラシド感がありますね。

コードはルート音(根音)と第3音(5thノート)がその音の色を大きく決めるとされています。一番左のコードで言えば、ドの音とソの音です。特にルート音はその名に『根』と入ってるくらいなので、そのコードの特徴を大きく表しているのです。

 

さて、コードの仕組みとその響きを確認したら、次は各コードの名称を確認していきましょう。

 

各コードの上下に名称を記載したもの

 

見ただけではわかりづらいと思うので、早速解説していきます。

まず、そのコードの名称には必ずルート音の記号を冠しており、大文字で書きます。これは絶対的なルールです。

ただし、クラシック音楽の楽譜などではコードを数字表記することも多く、それらはダイアトニックスケールの最初の音をルート音としたコードを基準とし、順番通りに充てられています。その際の数字はローマ数字を使うことが通例です。

 

次に、コードの中でもⅠ、Ⅳ、Ⅴはメジャーコードとされ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅵはマイナーコードとされています。表記としては、メジャーコードはルート音の記号のみで、マイナーコードはルート音の記号の横に小文字の「m」を書きます。楽譜によってはマイナーコードと明確に区別をするために、メジャーコードには大文字の「M」を記載しているものもあります。

メジャーコードとマイナーコードの違いとしては、ルート音と第3音との距離が完全5度であることが前提で、ルート音と第2音との距離が長3度なのか短3度なのかの違いです。前者は長三和音(メジャーコード)と呼ばれ、後者は短三和音(マイナーコード)と呼びます。

 

次はコードのⅦについてです。Ⅶはとても特殊で、ディミニッシュコードと呼ばれています。ルート音と第2音との距離が短3度でかつ、ルート音と第3音との距離は増4度(減5度)で構成されているコードで、減三和音とも呼ばれています。

…おや? 早速出てきましたね!

そうです。前回解説した、悪魔の音程トライトーン(三全音)が含まれているコードなんです!

なので、響きとしてはやや不安にさせるような音色になりますが、使い方によっては楽曲を躍動させることもできる大切なコードとなります。ぜひ覚えておいてください。

 

最後に、上記の説明がより理解しやすくなるよう、画像を一枚貼っておきます。Cメジャーダイアトニックコードにおける全てのコードを、ルート音がCになるように移調したものです。

 

全部真横に並べると、メジャーコード、マイナーコード、ディミニッシュコードの違いが良くわかる

 

このように真横に並べてみると、それぞれのコードに含まれている音と音の距離がわかりやすいのではないかと思います。

 

 

 

メジャー・ダイアトニックコード解説、いかがだったでしょうか?

今回はコード理論の表面の部分だけを解説してみました。次回以降もコードについてどんどん掘り下げていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

それではまた!

 

 

わかりやすい音楽理論解説!
記事一覧はこちらからどうぞ!

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG