わかりやすい音楽理論解説! – メジャー・ダイアトニックコード解説:セブンスコードについて

 

どうもRooveです!

 

コード(和音)に関する解説も回数を重ねてきましたが、皆さん、少しずつコードに慣れてきた頃でしょうか? もうすでに楽曲制作を始めてみた方もいらっしゃるかもしれないですね!

この解説連載を待たずとも、どんどん新しいことに挑戦してみてください! この連載は皆さんが曲作りで立ち止まってしまったときの道しるべとしてご活用いただければ幸いです!

 

さて、今回はセブンスコードについて解説していきます。セブンスコードはこれまで学んできたトライアード(三和音)とは違い、主にテトラッド(四和音)として使われることが多いコードとなります。『オシャレコード』なんて言われることもありますが、正しくその通りで、一般的なダイアトニックトライアードよりも垢抜けたお洒落な響きが特徴的なコードです。

ブラックミュージックでは非常によく使われるコードで、ブラックミュージックをこよなく愛する私Rooveは自分の楽曲のほとんどをこのセブンスコードをベースとして作っています。現在ではブラックミュージックに限らず、ポピュラー音楽では広く使われるようになってきました。

ただし、お洒落である反面、印象がぼやけやすい音でもあるので、使うには注意なコードです。楽曲制作において大きな武器となりうるコードであることは間違いないので、この機会に学んでおきましょう!

 

セブンスコードの構造は簡単! トライアードに一つ音を足すだけ!

 

セブンスコードを作るのは、実はとっても簡単です。

ダイアトニックトライアードは、ルート音から3度置きに上に3つ音を堆積させることで作ることができました。セブンスコードは全く同じやり方で、4つ音を堆積させることで完成します。

まずは一度、どのような響きなのか聴いてみましょう!
今回もわかりやすさ重視で、Cメジャースケールを使ってコードを組んでみます!

 

Cメジャーダイアトニックコードにおけるセブンスコードの響き

 

いかがでしょう、お洒落な響きではないですか?

 

セブンスコードの構成音について、もう少し詳しく見てみます。

セブンスコードはルート音、3度、5度、7度と音を堆積することによって出来ています。ルート音に対して7度上の音を重ねて和音を作っているのでセブンスコード(7th Chord)と言われているわけですね。

お洒落な響きが特徴的なセブンスコードですが、なぜこんなにもお洒落な響きなのでしょうか? その答えは、ルート音と7thトーンとの関係に答えが秘められています。

セブンスコードの7thトーンを1オクターブ下げてみるとわかりやすいです。皆さんもすでに学んだ通り、ダイアトニックスケールは7つの音で出来ています。セブンスコードはルート音と7thトーンを使っているわけですから、スケール上は隣り合った音ということになります。

和音を考えるにあたり、スケール上の音とはいえ隣り合った音を同時に鳴らすと不協和音となります。ですが不思議なことに、オクターブずらして鳴らしてみると何とも言えないお洒落な雰囲気になることがわかったのです。

 

 

しかし、これは裏を返せばセブンスコードのおしゃれな響きは不協和音の応用である、という事にもなります。美しい和音と耳に優しくない不協和音との境界は紙一重です。おしゃれだからたくさん使いたくなる気持ちもわかるのですが、不用意に多用しすぎるとかえって聴き苦しい音楽へと変わってしまう恐れもあるということを忘れないでください。セブンスコードを使うには注意が必要だと冒頭でお伝えしたのはこれが理由です。

 

セブンスコードの種類と表記、それぞれの役割について

 

セブンスコードの種類と表記について整理をしていきます。

複数種類存在していますが、メジャー・ダイアトニックコードとして使用するものは以下の通りです。

 

・メジャーセブンス

 メジャートライアード(長三和音)に、長7度の音を足したセブンスコード。コード表記は『○M7』もしくは『○Maj7』と書く。

・マイナーセブンス

 マイナートライアード(短三和音)に短7度の音を足したセブンスコード。コード表記は『○m7』と書く。

・ドミナントセブンス

 メジャートライアード(長三和音)に短7度の音を足したセブンスコード。3rdトーン(長3度)と7thトーン(短7度)が増4度の関係にあたるため、不安定感が強くなる。コード表記は『○7』と書く。

・マイナーセブンス・フラットファイブ

 ディミニッシュトライアード(減三和音)に短7度の音を足したセブンスコード。ディミニッシュコードにすでに増4度が含まれており不安定感が強いため、ドミナントセブンスの代理として使うことがある。コード表記は『○m7(♭5)』もしくは『○m7-5』と書く。マイナーセブンスの5thトーンを半音下げたコードであるためこういう呼称、書き方になっている。

 

Cメジャー・ダイアトニックセブンスの各コードの表記と機能の一覧がこちら

 

続いて、メジャー・ダイアトニックセブンスにおける各コードの役割について見ていきましょう。

メジャー・ダイアトニックセブンスもダイアトニックコードなので、CMaj7をIとして、順番に番号で表記をすることが可能です。そして、Ⅰ からⅦまでのコード機能は、メジャー・ダイアトニックトライアードと同様となります。

セブンスコードだとⅤのコードにも増4度が含まれるようになったので、よりドミナントとしての機能が強くなったことがトライアードとの違いでしょうか。

ちなみに、Jazzのような楽曲のほとんどをセブンスコードで表現することが当たり前のジャンルでは、楽譜上ではコード表記だけで、音符の記載がほとんどない場合もあります。

そもそもJazzは即興アレンジが日常茶飯事なので楽譜上に音符を並べること自体が野暮な世界ですが、とにもかくにも、ジャズマンにとってはセブンスコードは常識中の常識なのです。

 

最後に、Cメジャー・ダイアトニックセブンスの7つすべてのコード、ルート音がCになるように移調した図も載せておきます。

 

各コードをルートCにした図

 

 

今回はセブンスコードについて解説してみました! 楽曲に取り入れるだけで一気におしゃれになるので、プロの曲っぽく聴かせることができて本当にオススメです!

実際にプロも頻繁に使うコードなので、今のうちに覚えてしまいましょう!

それでは今回の解説はこの辺で!
また次回の更新をお楽しみに!

 

 

わかりやすい音楽理論解説!
記事一覧はこちらからどうぞ!

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG