スマホでDTM! Zenbeats徹底解剖! – ドラムトラックを打ち込もう!

 

どうもRooveです!

Zenbeats解説第2回、いよいよトラック制作に入っていきます。今回は楽曲において本当に大切な要素である『リズム』を担うパートの一つ。ドラムトラックを打ち込んでいきます。

Zenbeatsはいわゆるループシーケンサーと呼ばれる部類に近しいDAWです。簡単なループ素材を作成したら、その素材を切り貼りしたり、繰り返したりして楽曲を構成していきます。もちろん、ループシーケンサーのような使い方ではなく、ループ無しで楽曲を制作することもできます

このようなスタイルのDAWは昔から存在していました。現在も存在するもので言えばACIDFL Studio、最近のものだとAbleton Liveなどがそうです。

今回解説するZenbeatsは、特にFL Studioと操作性が似ています。なので、Zenbeatsの操作が気に入ったのであれば、いずれPCで制作する際のDAWはFL Studioを購入すると良いでしょう!

もちろん、PCでもZenbeatsを導入して使用するのも良い選択肢です! 有料機能を解放すると、より強力なDAWソフトへと生まれ変わります! Zenbeatsの操作性が気に入ったのであれば、そのままPCでも導入してしまえばスマホとPC間の互換性も生まれます。ぜひ検討してみてくださいね!

 

さて、解説に入る前にまずは、Zenbeatsを使用する上での事前準備として言語設定をしてしまいましょう。

 

Zenbeatsの表示言語を変えよう!

 

Zenbeatsは、インストール時点では表示言語が英語となっています。

英語が堪能な方であればこのままでも問題はないでしょうが、僕のような根っからの日本語人間には少々厳しいところがあります。

なので、この表示言語を日本語に変えてしまいましょう!

Zenbeatsを立ち上げて、トップ画面を表示してください。画面左上の、ロゴマークの横の三本線をタップしてみてください。実はそれ、メニューボタンなんです。

 

メニューボタンをタップ

 

メニューをタップすると、様々な項目が表示されます。その中から一番上の『Language』をタップしましょう。

 

言語設定をするには『Language』をタップ
希望する表示言語を選択しよう。僕の場合はもちろん日本語です。笑

 

先に進むと、数カ国語の言語が表示されます。その中から自分が慣れ親しんだ言語を選択しましょう。すると、以降はアプリ中の表記がその言語に統一されます。

トップ画面の表記が日本語に変わっていれば設定完了です!

 

下にある3つの項目の表示言語が変わっていればOK

 

新しいトラックファイルを立ち上げよう!

 

さぁそれでは、準備も済んだのでさっそく楽曲制作に入っていきます!

トップ画面から『新しい曲』をタップし、新しいトラックファイルを立ち上げましょう!

 

 

すると、以下のような画面になるはずです。

 

Zenbeatsではドラムパターン作成画面から楽曲制作が始まる

 

こちらはドラムパターンを打ち込む画面です。Zenbeatsではまずドラムトラックを制作するところから楽曲制作が始まります。Hip HopやEDMなどの制作がしやすいかもしれないですね!

それでは、ドラムの打ち込みについて解説していきます!

 

ドラムトラックエディターの使い方

 

Zenbeatsにおけるドラムの打ち込みは、4拍を1小節とし、それを1つのパターンとして作っていきます。それを繰り返すことでドラムループが完成するわけです。

とは言え、たった1小節分の情報量だけで楽曲全体のリズムを担わせるには、あまりにも心許ないですね。単調で味気ない楽曲となってしまう可能性があります。

ご安心ください。この小節数は増やすことができます!

画面左上の、□が4つ並んでいるマークがありますね。ここはドラムパターンメニュー、とでも呼んでいきましょう。このマークをタップすると、ドラムパターンに関する設定項目が表示されるはずです。

 

左上のマークをタップすると…
左側にドラムパターンの詳細設定項目が表示される!

 

表示された項目の中にある、『パターン・サイズ』がまさにループさせる小節数です。タップすると、1小節、2小節、4小節、8小節から選択することができます。

 

 

ここではひとまず2小節に設定してみましょう。小節数の選択項目から2小節をタップしてみてください。『パターン・サイズ』の横の表示が2小節に変わったと思います。

画面中の選択項目以外の好きなところをタップすると、ドラムトラックエディターへと戻ります。すると、画面中段の左側にパターンタブが発生したことがわかります。

 

パターンタブが発生!

 

続いて、ドラム音源の音色についてお伝えしていきます。Zenbeatsには無料でも多くのドラムセットが内蔵されています。それぞれのドラムセットは基本的にキック、スネア、ハット、クラッシュ(シンバル)がそれぞれ2種類ずつで、計8種類の音色で1つのセットとなります。

もちろん、その枠にはまらず、特殊な音色を発するドラムセットもありますので、中にはハットだけで3種類以上あったり、クラッシュが入っていないようなドラムセットもありますが、1セットに含まれる音色の種類は統一して合計8種類です。

ドラムセットの変更は、先ほどタップしたドラムパターンメニューの隣の項目で行うことができます。

 

『Default』とある部分をタップすると…
右にドラムセット一覧が表示される!

 

ドラムセットの変更は、各セット名の左に位置している『+』マークをタップすることで完了します。

 

 

続いて、実際に打ち込む際の各音色の表示についてです。

スマホやタブレットの画面の大きさにもよると思いますが、僕が使用しているiPhone8では、初期段階では一度に表示できる音色は3種類だけです。このままではキックとスネアだけしか操作できず、ハットやクラッシュなどの高音域の音の打ち込みができません。

音色の表示を変えるには、ドラムトラックエディターの中段際右にあるスクロールバーを使用します。スクロールバーの矢印をタップしてみてください。エディター画面に隠れていたほかの音色が表示されてきます。

 

 

音色をスクロールする際には、バーをタッチしながらスライドするのではなく、必ず矢印をタップしてください。以外とスクロールが速くて、バーをスライドさせる手法では表示したいところを誤って通り過ぎてしまうことが多々あります。

 

また、一度に表示させる音色の数を増やすこともできます。というより、パターンタブより下の表示を非表示にする、と行ったほうが正しいかもしれません。

エディター画面の最も右上のマークをタップしてみてください。エディターの打ち込み画面が広くなるはずです。

 

 

広い方が見やすいし、打ち込みもしやすいのでぜひ活用してみてください!

 

続いて、ドラムパターンを考えるうえで大切な要素、BPM(テンポ)の変更についてです。

Zenbeatsに限らず、一般的にDAWソフトでは、楽曲ファイルを立ち上げた時のデフォルトのBPMは120で設定されています。(なかには110だったり、100だったりするものもあります)

BPM120は非常に使い勝手の良いテンポで、軽快なミドルテンポの楽曲も作れるし、半ノリして60とすればバラードも作れてしまいます。この60という数字は1分間の平常時の人間の心臓の鼓動とも近しい数字なので、多くの人が馴染みやすいリズムなのです。

とはいえ、ジャンルによってはBPM150など、もっと速いテンポの楽曲も存在します。いわゆるハードロックやメタルなどに多いですね。最近ではダブステップなども速いテンポの曲が多いです。もしそういった楽曲を作りたいのであれば、DAW上でもBPMを変える必要があります

 

ZenbeatsでBPMを変えるには、エディター画面の上段にある『BPM』をタップしてみましょう。すると、BPMとメトロノームの設定画面に移るはずです。

 

 

BPM設定の変更は、『BPM』の下の数字を入力し直すだけで完了です。とっても簡単ですね!

 

ドラムトラックを打ち込んでみよう!

 

さてさて、本当にお待たせしました! ここからは待ちに待った打ち込みに挑戦していきましょう!

今回、僕はHip Hopの楽曲を作っていこうと考えていたので、まずはドラムセットの選定から入ります。聴き比べていると、意外とDefaultセットが良い音色だったので、そちらを使っていきます。

また、ドラムパターンメニューで『パターン・サイズ』を4小節に変更しました。ダウンテンポのHip Hopを作るのであれば、2小節のドラムパターンでは少々情報量が少ないと感じたからです。そしてBPMは120で設定し、半ノリして60で作っていきます。リズムは単純な4つ打ちではなく、グルーヴ感を意識した構成にしてみます。

もちろん、皆さんはお好きなジャンルで、思い思いに打ち込んでいってくださいね!

 

ドラムトラックの打ち込みは、各音色の□をタップしていくだけです。タップするとその□に色が灯ります。

 

 

また、パターンタブから各小節をタップすることで、他の小節の打ち込みができます。残念ながら複数小節を同時に表示させることができないので、少し複雑なドラムパターンを打ち込むには少々慣れが必要です。リズム感を意識しながら打ち込んでいきましょう。

 

 

パターンタブから各小節の打ち込みができれば、ドラムトラックのループ音源が完成です!

完成したトラックを聴いてみましょう! 再生はエディター左上の『▷』ボタンから実行できます!

 

Rooveが打ち込んでみたHip Hop調のドラムビート

 

おめでとうございます! これで皆さんもDTMライフの大切な第一歩を踏み出すことができました!!

ドラムビートは楽曲を制作するうえで基盤となるパートです。ドラムとベースが組み合わさることによって、例えるならば「体幹」のようなものを楽曲に与えることができます。このドラムビートによっては楽曲の色が大きく変わってしまうことになるので、本当に大切なパートであることを覚えておいてください。

そして、皆さんはその楽曲における本当に大切な要素を、たったいま自らの手で作り上げたのです。これは本当に素晴らしい事です。本当におめでとうございます!

 

それでは、たったいま作り上げたドラムビートを忘れないうちに保存してしまいましょう!

楽曲の保存は、エディター画面の最上段の真ん中にある『曲の保存』から行うことができます。楽曲のタイトルを入力して、決定(スマホによっては改行、Enter)をタップすると楽曲の保存が完了します。

 

 

Zenbeatsはドラムパターンが豊富!

 

最後に、ドラムエディターの便利な機能を一つご紹介しましょう。

実はZenbeatsにはすでにドラムパターンがいくつか内蔵されているのです。ドラムパターンの呼び出しは簡単に行えます。

今から実践していきますが、念のため新しい楽曲ファイルを作成しておきましょう。皆さんがせっかく作ったドラムトラックが消えてしまったら大変ですからね!

 

ドラムトラックエディター画面から、『Pattern』をタップしてみてください。すると、数々のドラムパターンがリストとして表示されるはずです。

 

 

希望のパターンを選んだら、そのパターン名の左横にある『+』マークをタップすることでドラムパターンがエディターにロードされます。

 

 

ドラムパターンを考えるのに行き詰まってしまったら、こういった既にあるものからインスピレーションを得るのも良いですね!

ロードしたパターンは自由に編集可能です。音色を変えるもよし、打点を増やすもよし、BPMを変えるもよしです! 曲作りのヒントとしてどんどん活用していきましょう!

 

 

今回はドラムの打ち込みだけではなく各種設定も解説したので内容盛りだくさんでしたが、いかがでしたか?

この記事をきっかけにして、より多くの方がDTMライフの第一歩を踏み出してくれたらそれほど嬉しいことはありません。

次回は他のパートの打ち込み方法について説明していきますので、お楽しみに!

 

それでは〜!

 

 

スマホでDTM! Zenbeats徹底解剖!
記事一覧はこちらからどうぞ!

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG