MENU

ギフトにぴったり! ギターアンプ型キーハンガーがとにかくオシャレ!

 

音楽好きの友人へのギフトって、すごく気を遣いませんか?

人によって好みの音楽は違うし、たまにこだわりが強い人もいたりするし。一体全体どんなものを渡せば喜ばれるのか。

何だかセンスが問われているような気持ちになりません?

今回は、そんなお悩みを解決するアイテムをご紹介いたします。

音楽に関連していてセンスも良く、コストもギフトとしてちょうど良いくらいのお手頃価格。音楽好きならきっと欲しくなるような、オシャレなライフスタイル雑貨を見つけてしまったのです。

 

目次

ギターアンプ型キーハンガーが存在していた!

 

皆さん、キーハンガーはご存知ですか? 文字通り、鍵を掛けておくアイテムのことです。

車の鍵、自転車の鍵、玄関の鍵などは失くすと本当に困る物ですが、何しろ小さいので、うっかり失くしやすいのが現実。

ないと困るものは常に同じ場所に掛けて保管しておけば良いじゃないか、というコンセプトのもと生まれたのがキーハンガーです。

 

さて、そんなキーハンガーですが、面白い商品を発見しました。

 

 

僕も初めてみたときはびっくりしました。ギターアンプ型のキーハンガーが存在するなんて。

これは音楽をやっている人間なら誰しもが知っていることですが、モデルになっているMarshall(マーシャル)は実在する音響機器メーカーです。往年のロックサウンドを支えてきた歴史あるメーカーで、現在に至るまで多くのギタリストに愛用されています。

これは音楽好き、特にギターやベース好きの方にはドンピシャでハマること間違いなしです。

 

ギターアンプ型キーハンガーの特徴

 

アメリカのカリフォルニア州にある音楽系雑貨メーカー、PLUGINZ(プラグインツ)が考案したキーハンガーで、正式名称はJack Rackという商品です。

音楽とライフスタイルの融合を実現するべく、ミュージシャンの遊び心を持ってして開発したのがこのJack Rack。発売後程なくしてSNS上でバズり、世界中から注目を集めることとなりました。

 

Jack Rackの最大の特徴は、採用されているジャックが、まさしくギターとアンプを繋ぐシールドジャックとまったく同じ規格になっていること。

 

 

試しにキーハンガーのジャックを差し込んでみたり抜き出してみたりしましたが、まさしくギターアンプにシールドを挿入するあの感覚と一緒です。過去にバンドでエレキギターを弾いていたこともあるので、その頃の感覚を少し思い出してしまったほどです。

また、実在しているギターアンプをモデルにしているので、キーハンガーとしてではなく、単純に部屋のオブジェとして置いてみても良さそう。お値段は3,000円〜4,000円ほどなので、ちょっとしたギフトにはぴったりの商品ではないでしょうか。

一つ難点としてあるのが、壁にかけるためにはネジで壁に穴を開けなくてはならないこと。賃貸で生活している方は少し取り付けに工夫が必要ですね。

かくいう僕も賃貸住宅なので、どうやって取り付けようかなぁと思案中です。何か良い方法が浮かんだら改めてご紹介しますね!

 

ギターアンプ型キーハンガーのラインナップとその元ネタ

Jack Rack Marshall JCM800 CLASSIC

 

 

有名なギターアンプメーカーであるMarshallが誇る代表機種の一つ、JCM800を模したキーハンガーです。僕が購入してみたのもこちらです。

 

実物のJCM800

 

JCM800といえば、Marshallが1981年に発売した歴代最高傑作。当時は他メーカーの追随を許さないほど爆発的に売れました。80年代のロックサウンドを彩り、シーンの隆盛に貢献してきた伝説的なギターアンプです。今なおこのサウンドに惚れているギタリストは多く、現代音楽でも至る所で使用されています。

JCM800のメガヒットの背景には、実は大人の事情も絡んでいたと言われています。

当時のMarshallのアンプは、イギリス以外の国では販売代理店が多額のマージンを載せて販売していたことでも有名。それほどに、『ロックの国で生まれたギターアンプ』っていう肩書きはギタリストの購買意欲を掻き立てていたわけです。

その代理店契約が切れた1981年にリリースされたこのJCM800は、最高にカッコ良い音を備えていながら、価格がこれまでよりもグッと安くなって販売されました。そりゃみんな買いますよね。「あのマーシャルのアンプがこの値段で買えるの!?」みたいな。

もちろん、音が良いっていうのが前提にあることは間違いないです。多くのギタリストがこのアンプで音作りをしていました。メーカー自身もJCM800のサウンドに誇りを持っており、現代でも復刻版を数々リリースしているほどです。

 

何にせよ、超有名なギターアンプがモデルになったキーハンガーですから、音楽好きには確実に刺さると思ってもらって良いと思います。個人的にはこのキーハンガーがもっともおすすめです。

Jack Rack Marshall Silver Jubilee

 

 

Marshallのギターアンプをモデルにしたキーハンガー第二弾。元ネタは1987年に発売された2555 Silver Jubileeです。

 

実物の2555 Silver Jubilee

 

1987年はMarshallの設立25周年と、創業者であるジム・マーシャルの音楽キャリア50周年が重なる年だったので、それを記念して限定発売したのがこの2555 Silver Jubileeです。

先のJCM800をベースとして開発されたこのモデルは、電圧の出力を100Wと50Wで切り替え可能な、かなり画期的なギターアンプでした。Guns N’ RosesRed Hot Chili Peppersなどが愛用していることでも有名です。こちらも現在はリメイクモデルが発売されています。

それこそ、レッチリが好きな人へのプレゼントを考えているなら、「ジョン・フルシアンテ(レッチリのギタリスト)が惚れ込んだギターアンプがモデルみたいだよ」と一言添えて手渡ししてあげれば喜ばれると思います。笑

Jack Rack Fender Mini Twin

 

 

続いては、大手ギターメーカーとして有名なFenderのギターアンプをモデルにしたキーハンガーです。

Fenderと聞くとストラトキャスターギターをイメージされる方も多いでしょう。実はギターアンプもなかなか有名なんです。

 

実物のMini Twin

 

実物はもっと正方形に近い形です。小型で持ち運びやすいギターアンプとして、ストリートミュージシャンや宅録ミュージシャンに好まれている印象があります。

画像のものは少し大きめのアンプですが、小さいものはどこまでも小さいです。手のひらより少し大きいくらいのサイズのモデルもあったりします。

ネームバリューもありますし、サイズ感もキーハンガーと近しい物があるので商品化したのかもしれませんね。こちらのキーハンガーは、Fenderギターが好きな方への贈り物とするのが良いと思います。

 

【終わりに】音楽好きの方へのギフトにぴったり

 

今回はアンプ型キーハンガーの特徴とラインナップ、各モデルの元ネタについて解説してみました。

ここまで読み進めた方は、この商品がどれだけ現物のアンプに忠実であるかをご理解いただけたと思います。恋人や友人、家族に音楽が好きな方がいるなら、ちょっとしたギフトとしてこれをあげると喜ばれると思いますよ!

「何種類かあったけどどれが良いのかわからない」という方のために、どちらを選べばいいかの基準を簡単に説明すると、ロックが好きな方にはMarshallを、ロックに限らずバンドサウンド全般が好きな方にはFenderを選ぶと良いのではないかと思います。

どっちかなぁと迷ったらとりあえずMarshallにしておけば大丈夫です。本当に有名なアンプですから!

 

今後も、何か音楽と関連したライフスタイル雑貨を見つけたらご紹介しますのでお楽しみに!

また次回の更新でお会いしましょう!

 

・今回ご紹介したアイテムはこちら

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる