WF-1000XM3があれば楽曲制作時のモニタリングが劇的に変わる

 

どうもRooveです!

 

音楽が好きなら、イヤフォンやヘッドフォンにもこだわりを持っていらっしゃる方も多いかと思います。多くのメーカーが様々な価格帯のものを発売しているので、自分に合うイヤフォンを探すのはなかなか大変です。でもそれがまた楽しかったりもしますよね。

今回は、SONYがリリースするBluetoothワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン、WF-1000XM3についてレビューしていきます。

僕も購入して実際に使ってますが、このイヤフォン、控えめに言って最高です。普段使いとしても、楽曲制作時のモニタリング用としても十分に信頼できるアイテムであることがわかりましたので、さっそく解説していきたいと思います。

 

プロのアーティストも認める音質を実現

 

 

僕の過去の記事をご覧いただいている方なら、僕がまぁ結構なApple信者であることはご存知かと思います。ワイヤレスイヤホンについても、いつかAirPods Pro買います! と声高らかに宣言していたほどです。

そんな僕がAirPods Proではなく、SONY製のWF-1000XM3の購入を決めたきっかけは、Twitter上でこんなツイートを発見したことでした。

 

 

日本の一流R&Bシンガーである清水 翔太さんが、その音質の良さで日頃から愛用しているBluetoothワイヤレスイヤフォンとして、WF-1000XM3を挙げていらっしゃったのです。

ミュージシャン同士で会話していると、イヤフォン・ヘッドフォンの『有線 VS 無線』論争は必ずと言っていいほど話題に上がります。特にエンジニアの方は有線を好む印象がありますね。無線接続という目に見えない不確かな接続方法よりも、良い素材の有線ケーブルで確実に接続した方が、音質面・レイテンシー(音の遅延)の面では優れているからです。

ただし、利便性においては有線では無線に太刀打ちすることはできません。ケーブルがないので配線がごちゃごちゃすることもなく、有線特有の断線の心配もない。最近ではスポーツでも使用できるような防水仕様のものも多いので、とにかくユーザビリティに富んだアイテムになっています。

音質を優先して有線タイプを選ぶか、利便性を優先して無線タイプを選ぶか。これが意外とミュージシャンたちの頭を悩ませる問題だったりするのです。

 

しかし、近年はBluetooth接続の技術も発達しており、ケーブルレスでありながら良音質を実現するイヤフォンも増えてきました。レイテンシーも徐々に改善されてきています。その最たる例がこのWF-1000XM3であるということです。

プロミュージシャンも認める音質でありながら、利便性も兼ね備えている。さすがに僕も「これは買わない手はないな」と思ってしまったわけです。実際に買って使用してみれば、納得の一言でした。清水翔太さんの言葉を借りてしまいますが、普通にいい音です。

 

 

 

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能が優秀

 

WF-1000XM3が優れているのは音質だけではありません。特筆すべきはノイズキャンセリング機能と、外音取り込み機能です。

音楽を楽しむ上で、どうしても邪魔になってくるのが周囲の雑音。室内で音楽を楽しむ分にはあまり気にならないかもしれませんが、外出中に音楽を楽しむときはどうしても気になってしまうものです。

WF-1000XM3であれば、そういった雑音を気にする必要はありません。優秀なノイズキャンセリング機能が付加されているので、純粋に音楽だけを楽しむことができます。

 

また、相反するようですが、イヤフォンを装着していて課題になってくるのが、外音が遮断されてしまうことによる注意力の低下です。人間の五感のうちの一つを音楽で潰してしまうわけですから、どうしても周囲に対する意識は薄れてしまいます。音楽が好きな方なら尚更です。それによって他人との接触事故や、車や自転車との接触事故が発生してしまうことはよくある話です。

WF-1000XM3は外音取り込み機能が付加されていて、周囲の音をイヤフォンを通して聴くことができます。これがまたよく聴こえるもので、音楽を流しながら外音取り込みをしても、はっきりと周囲の音が聴こえます。これなら事故のリスクも軽減できます。

 

WF-1000XM3が優秀なのは、外音取り込みの程度を自分で決められる外音コントロール機能が搭載されていることです。専用のスマホアプリを使用することで、外音をどれくらい取り込むかを自由に簡単に設定することができます。

アプリを通してスマホと連動するというのが味噌で、WF-1000XM3に搭載されているAIがスマホの位置情報を認識し、場所によって自動で外音取り込みレベルを切り替えてくれるアクティブサウンドコントロール機能をも実現しています。

 

イヤフォン時代とされる現代の中で、音楽を最大限楽しむ機能だけでなく、事故を防止するための機能も備わっているのは評価できるポイントですね。

 

バッテリー駆動時間が長く、管理も簡単

 

イヤフォン単体で、フルバッテリーで使用した場合は、ノイズキャンセリング機能を使用している状態で連続6時間、ノイズキャンセリングを使用しなければ連続で8時間駆動することができます。専用の充電ケースを合わせて使用することでノイズキャンセリングONで24時間OFFで32時間駆動させることができます。1日フルで使用してもバッテリーが切れることはありません。

また、専用アプリを使用することで、専用ケースから取り出した時点のイヤフォンの左右、充電ケースの残バッテリーの確認も可能です。持ち運びをしているとどうしても気になるのがバッテリーの使用状況ですが、WF-1000XM3では充電しなければならないタイミングを見失うことはありません。

 

タッチセンサーで簡単操作が可能

 

イヤフォンの左右にタッチセンサーが付いており、それぞれ機能が割り当てられています。タップすることで機能を切り替えることが可能です。

デフォルトでは、左側のセンサーでは外音取り込みモードとノイズキャンセリングモードを切り替えることができ、右側のセンサーでは楽曲の再生・停止、曲送りや曲戻しをすることができます。これが意外と便利で、イヤフォンをしながら買い物をするときに、レジで店員さんと応対する時だけ楽曲を停止して外音取り込みをオンにする、といったことができてしまいます。

 

注意点! メリットだけというわけではない!

 

さて、WF-1000XM3がいかに優れたイヤホンであるかを解説してきましたが、実はメリットばっかりというわけでもないのです。実際に使ってみて見えてきたデメリットもありますので、ここではそれらもお伝えしていきたいと思います。

 

・アクティブサウンドコントロール、いらなくね?

 

AIと位置情報の合わせ技で成立するアクティブサウンドコントロール機能ですが、これはおそらく音楽好きの方には不人気だと思います。というのも、楽曲の展開を無視して問答無用で外音を取り込んできたりするので、はっきり言ってちょっと鬱陶しい機能です。急に外音が耳に広がるので一瞬故障を疑ってしまいます。

こちらは専用アプリからオンオフを切り替えられるので、僕は常時オフにしています。多分今後もオンにすることはないでしょう。

 

・ノイズキャンセリング時にホワイトノイズが入る

 

ノイズキャンセリングは取り込んだ外音に対して、逆位相の音をぶつけることで意図的にかき消しているわけですが、残念ながらWF-1000XM3の場合はノイズキャンセリング機能をオンにしている最中は「サアァー…」とホワイトノイズが走ります

音楽を流してしまえばあまり気になるものでもないのですが、ノイズキャンセリングというくらいですから、ホワイトノイズは発生しないようにしておいて欲しかった、というのが正直な感想です。

 

・PCとの接続時は他のアプリケーションに影響を与えることがある

 

基本的にこのイヤフォンはスマートフォンやポータブル音楽プレイヤーと接続することを想定して設計されています。スマホ用アプリが存在しているくらいですから。

PCにも接続は可能なのですが、PC本体のサウンド設定を併せて変更してしまうので、それによって使用中のアプリケーションに影響を与えてしまうケースがあります。例えば、DAWソフトとかがそうです。

先日、Macbook Proを持って外で楽曲制作の作業をしようと思ったときに、うっかり普段使用している有線イヤフォンを忘れてしまったことがありました。「あ、WF-1000XM3持ってるじゃん」と気付いて実際に接続してみたのですが、接続し始めてからしばらくの間、DAWが一切動作しなくなる現象を確認しています。何度も繰り返し接続してみましたが同様の現象が発生しているので、PCとの接続は相性が悪いんだなとそのときわかりました。

また、PC接続時はやはりレイテンシーが気になります。DTM用途での使用は少々難しいな、というのが正直な感想です。

 

 

 

劣化の少ない再生を実現するのでモニタリングで大活躍

 

PCとの接続に難があるのに、楽曲制作時のモニタリングに活用できるの? と疑問が生まれると思いますが、スマホ接続で日常的に使用することにフォーカスを当てた高音質イヤフォンだからこそ、モニタリングに最適なんです。

現代において、人々が最も音楽を聴く瞬間は移動中や作業中です。特に、イヤフォンを通して楽曲を聴く機会が多いとされています。

WF-1000XM3は高音質でかつ脚色のないフラットなサウンドなので、制作した楽曲があまり劣化せずにそっくりそのまま再生されます。楽曲制作をする者にとって、イヤフォンリスナーの感覚で自身が制作した楽曲の質感を確認するのに最適なのです。

DAW上で聴こえる音と、実際にmp3やWAVファイルで書き出した音はやはり質感が少し異なります。それは制作した楽曲のサンプルレートやビット深度をエンドリスナーが聴きやすい形に変換して書き出すからですが、制作する側である僕らがエンドリスナーと同じ条件で楽曲を最終チェックしなければならないのは言うまでもありません。WF-1000XM3は、そういった意味でのモニタリングにはバッチリのイヤフォンです。

また、11種類のイコライザーが搭載されているので、多角的な視点で楽曲の確認ができるのも高ポイントです。WF-1000XM3のあらゆるイコライザーを使用した上で納得できる仕上がりになれば、多くの人に受け入れられやすい楽曲になっていると言えるでしょう。

イヤフォンは低価格のものから高価格のものまで、それぞれ強調される帯域が微妙に違っていたりします。すべてのイヤフォンで楽曲を楽しんでもらうには、あらゆるイコライザーでサウンドチェックをした方が良いのです。それを高音質で行えるのだから、素晴らしいと言うほかありません。

僕はこれまでモニタリングには5,000円程度のイヤフォンを使用しておりましたが、今ではもっぱらWF-1000XM3を使用しています。このイヤフォンを使用し始めてからサウンドメイクのクオリティが上がった実感があるので、やっぱり機器選びは大切だなぁと改めて感じた次第です。

 

【終わりに】少々高値だが総じて素晴らしいイヤフォン

 

WF-1000XM3は、楽曲制作をするしないに関わらず、音楽を愛する全ての方にお勧めできるイヤフォンです。しかし、これだけの機能を有しているので、25,880円 + 税とちょっと値は張ってしまいます。

ただ、絶対に後悔しないイヤフォンであることは間違いありません。カラーバリエーションもプラチナシルバーブラックの2種類で、見た目もかっこいいんですよ。ファッションアイテムとしても活用できそうです。

好きなアーティストの楽曲は高音質で楽しみたい。自分の制作した楽曲は高音質なモニタリング環境でしっかり作り込みたい。どちらの希望も叶えることが出来るスーパーイヤフォンがWF-1000XM3だと思っています。

もし今回のレビューで気になった方は、ぜひ購入を検討してみてくださいね!

 

 

それでは今回はこの辺で!

また次回の更新をお楽しみに!

 

 

 

併せて読みたい!

 

 

Music Life
記事一覧はこちらから!

DTMコラム
記事一覧はこちらから!

 

Takeshi Roove制作楽曲をSoundCloud、YouTubeにて公開中!
リンクはこちら↓

SoundCloud

 

YouTube
https://m.youtube.com/channel/UCn3F5jPuIYABhaUrxsJIxkw

気に入っていただけたらぜひチャンネル登録&高評価よろしくお願いいたします!

 

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG