iOS版GarageBand徹底解説! ステップ入力で簡単なコードを打ち込もう!

 

どうもRooveです!

今回はGarageBandで、ステップ入力で打ち込んでみたいと思います。

ステップ入力はMIDIの打ち込みにおいてとにかく重要です。特に楽器を弾いた経験がない方は、作曲のほとんどをこのステップ入力で行うことになりますので、ここでモノにしてしまいましょう!

ステップ入力とは何かわからない方は、前回の記事で解説をしておりますのでそちらをご覧ください!

 

記事中の目次から『ステップ入力』を選んでいただければすぐに読むことができます!

 

まずは新しくプロジェクトを立ち上げよう!

 

前回まではみなさんに思い思いにリアルタイム入力をしていただきましたが、今回は全員一緒に同じMIDIを打ち込みながら学習していきますので、まずはプロジェクトを新しく作ってしまいましょう。

新しくプロジェクトを立ち上げるには、現在開いているプロジェクトを閉じるところから始めます。エディターモード画面の左上にある『▽』ボタンをタップし、表示される『My Songs』をタップしてみましょう。

 

『▽』から表示される『My Songs』をタップすると…
GarageBandの最近使った項目に戻ってきました!

 

皆さんこの画面覚えていますか? 初めてプロジェクトを立ち上げたときに見た画面ですね!

今回も同じようにプロジェクトを新しく立ち上げ、Smart Pianoを選択しましょう!

プロジェクトの立ち上げ方を忘れてしまった方はこちらの解説に一度立ち返ってみてください!

 

目次の『プロジェクトファイルを立ち上げよう!』からご覧ください!

 

ステップ入力をする前にまずはリアルタイム入力をしなければならない!

 

さて、ここでGarageBandの一つの難点にぶつかります。

実は、新しく音源を立ち上げても、すぐにはエディターモードに遷移することができないんです。エディターモードに遷移するためには、プロジェクトの中にMIDIトラックが存在していなければなりません。なので、一度適当にリアルタイム入力をし、エディターモードで打ち込んだクリップを削除する必要があります

バージョンによってはこの工程を踏まずとも最初からエディターモードに遷移することができてしまいますが、僕のような少し古いバージョンのものを使っている場合にはこの工程がマストになりますので、ご注意ください。

 

僕がいつも新規プロジェクトを立ち上げるときにとっている行動を動画にしましたので、皆さんも真似してやってみてください。バージョンが新しい方はサクッとエディターモードに進んでしまってくださいね!

 

やってることは至って簡単です!

 

新しくプロジェクトを立ち上げて、Smart Pianoで鍵盤モードにし、リアルタイム入力を適当に入れてRec停止して、エディターモードに移動します。あとはクリップを指定してメニューを開き、削除を選択するだけ。

皆さんがこれまで学んできたことばかりを使っているので、思い出しながらやってみましょう!

 

ステップ入力をしよう!

まずは準備

 

クリップを削除したMIDIトラックの空欄部分をどこかしらタップすると、『編集』というメニューが表示されますのでそれをタップしてみましょう。

 

この編集をタップすると…
ノートが存在しないMIDIエディター画面に!

 

MIDIエディター画面に移動しましたね!

MIDIエディターを開いたら、画面を左にスワイプして曲頭まで移動しておきましょう。

曲頭まで移動したら、左上のペンシルマークを左にスワイプします。ペンシルロックが外れ、マークが赤くなるはずです。

 

ペンシルロックを外そう!

 

この状態になればステップ入力の準備は完了です!

 

打ち込む前に少し画面の解説

 

早速ステップ入力をして行きたいところですが、少しだけ画面の説明をさせてください。ここでの説明はGarageBandに限らず、他のDAWソフトでも共通の内容となります。

MIDIを打ち込むにあたって、重要なのは音の高さと音の長さです。MIDIエディター画面ではそれらをわかりやすくするために、縦線と横線が敷かれていてグラフのようになっています。

 

まず、音の高さを表しているのは左のピアノロールです。特に設定をしていなければピアノロールはCメジャースケールをベースとしているので、ドレミ音階で言うドの音の部分に小さく『C◯(◯には数字が入る)』と表示されています。

Cと表現されているのは、日本で言うドレミファソラシドは、英語圏ではCDEFGABCと訳されているからです。ドはアメリカではCと言われているわけですね。

そして、ドレミファソラシドのようなパターン化されている音階のことをスケールと呼んでいます。今回はドを基軸とした明るい響きの音階なので、Cメジャースケールとされているのです。クラシックではこのCメジャースケールはハ長調と呼ばれていたりします。

 

話をピアノロールに戻しますが、Cの横にくっついている数字はスケールの音の高さを表しています。数字が大きければ大きいほど音は高くなっていくわけです。自分がどれくらいの高さの音を入力しようとしているかは、左のピアノロールを見ればわかることになります。

 

続いて、音の長さについてです。自分がどれくらいの長さの音を打ち込みたいのか、目印がないとわかりづらいですよね。

なので、MIDIエディターでは一定の距離で縦線が敷かれている仕様になっています。この縦線のことをグリッド線と呼んでいます。

グリッド線があることで、各音の切れを全て揃えたり、音の鳴り始めを一定の感覚でずらす事で綺麗なアルペジオを作ることもできると言うわけです。

 

まとめるとこんな感じ!

 

実際にステップ入力をしてみよう!

 

お待たせしました! いよいよステップ入力を実践してみましょう!

ペンシルマークが赤くなっていることを確認したら、1小節目頭のC3音階のCのところをタップしてください。

上の画像の部分をタップすると…
ドの音が打ち込まれる!

 

ドの音が鳴り、クリップが生成され、C(ド)の音が打ち込まれました!

おめでとうございます!
これで皆さんもステップ入力を習得しましたね!

この調子でもう少し打ち込んで、3和音を作ってみましょう。同じように、1小節目頭のC3音階のEとGをタップします。

 

画像のような3和音を作ります。

 

C(ド)、E(ミ)、G(ソ)で3和音を作れましたね!

3つ以上の音で構成されたものをコードと言い、このCEGの形はCメジャーコードと呼びます。

実際に再生ボタンを押して再生してみてください。画面上の右向きの『▷』のボタンです。綺麗な和音が奏でられているでしょう?

ステップ入力は基本的にはこの工程で行うことになるので、今回学んだことは必ず覚えておいてくださいね!

 

ステップ入力したMIDIの特徴を実際に見てみよう!

 

それではリアルタイム入力をしたときと同じように、ステップ入力された音の特徴を見てみましょう!

 

まずは音のばらつきです。前回のように画面を拡大、縮小してみたりして確認してみてください。

音の鳴り始めはぴったり一緒になっていることがわかると思います。

 

続いて、音の強弱はどうでしょうか? ノートをタップしてベロシティをチェックしてみると、やはりいずれの音もベロシティは一定であることが確認できると思います。

 

音の鳴り始めも、ベロシティもぴったり揃っている!

 

このように、ステップ入力だとより正確に楽曲を作り上げることができますが、機械的なサウンドになってしまうため注意が必要であることがご理解いただけたかと思います。

 

 

 

いかがでしたか?

今回でリアルタイム入力ステップ入力、2つの種類の打ち込み方法を習得できましたね!

今日学んだ工程は、楽器経験がない方であればリアルタイム入力以上によく使う打ち込み方法になります。繰り返し復習しながら、使いこなせるようになりましょう!

 

次回は打ち込んだMIDIを編集する方法を紹介します!

MIDI編集も、入力と同じくらい大切なスキルです。次回もお楽しみに!

 

この解説記事を少しでも「役に立つ」、「面白い」と思っていただけましたら、ぜひこの下の各リンクボタンから周りにご紹介してください! より多くの方が音楽を始めるきっかけになってくれたら幸いです!

また、質問等があればお気軽にコメント欄にてぶつけてください! お応えできる限り回答していきます! また、僕の解説に誤りがあれば遠慮なくお伝えください!

 

DTMはスマホでできる! GarageBand徹底解説!
記事一覧はこちらから!

 

最新情報をチェックしよう!
>Takeshi Roove on YouTube

Takeshi Roove on YouTube


当サイト管理責任者、兼ライターであるRooveはYouTubeにて積極的に楽曲を公開しています!

様々なジャンルに挑戦し、聴く人の感情を動かせるような楽曲を制作することを目指して取り組んでおります。

基本コンセプトは『最高に心地良いMusic』を作ること。
情熱的なR&Bや、カッコいいEDM、時には癒されるJazzだったり、ドープでイケてるHip Hopなど幅広く制作していますので、気に入っていただけたらぜひ、高評価 & チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

とにもかくにも、一度覗いてみてください。

あなたにとって、最高に心地良い音楽が見つかるかもしれません。

CTR IMG